本文へ移動

建築士定期講習

改正建築士法に基づく建築士定期講習会のお知らせ

平成20年11月28日に施行された改正建築士法の規定により、建築士事務所に所属する一級・二級・木造建築士は、3年毎に国土交通大臣の登録を受けた登録講習機関が行う定期講習の受講が義務付けられました。
建築士事務所に所属する方で、令和2年4月~令和3年3月に建築士定期講習を修了した方及び令和2年度以前に建築士試験に合格し建築士として登録した方でまだ受講していない方は、令和5年度中(令和6年3月まで)に建築士定期講習を受講しなければなりません。なお、建築士事務所に所属していない建築士の方も定期講習を受講することができます。 
 

 
 下記のいずれかに該当する方は、令和5年度中(令和6年3月まで)に受講が必要です。
  • 令和2年4月~令和3年3月中に建築士定期講習を修了した方
  • 令和2年度以前に建築士試験に合格し建築士として登録した方でまだ受講していない方
    (年度内の何月に受講されても、次回受講年度は変わりません。スケジュールに余裕をもって受講されことをお勧めいたします)
 

新型コロナウイルス感染症対策について

建築士定期講習を開催するにあたり、新型コロナウイルス感染症の拡大防止を講じて参りますが、受講者の皆様におかれましても下記事項へのご協力をお願い申し上げます。
 
 【受講申し込みについて】
郵送による受付のみとさせていただきます。
 
 【受講日当日について】
■受講者様へのお願い
・来場前に検温をお願いいたします。
 発熱や風邪症状がある等、体調に不安のある方は、受講日の変更をお願い致します。
・長時間の講習のため、マスクのご持参、及びご着用を推奨いたします。
■当社の取り組み
・間隔をとって座席位置を設定いたします。
・教室の開放による換気を徹底いたします。
 

建築士定期講習会受講案内

講 習 日
講習会場 種 別 定 員
令和6年3月14日
ひと・まち交流館
第4回建築士定期講習
(一級・二級・木造合同開催)
受付終了

お知らせ

令和5年度建築士定期講習 情報提供

令和4年6月に公布された「脱炭素社会の実現に資するための建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律等の一部を改正する法律」に基づき、建築確認対象の見直しや審査省略制度が縮小されます。また、原則として全ての建築物に対して省エネ基準への適合が義務付けられます。
 
国土交通省の資料は、下記でご確認いただけます。
 
 

建築士定期講習 修了考査問題の公表について

「修了考査問題(例示)」を公表いたします。




※修了考査の回答及び結果に関するお問い合わせには一切お応えできません。

建築士定期講習 修了考査の判定基準

修了考査の合格基準点は、講習内容を十分に理解しているかを判断し、満点の70%を合格基準点とする。
(一級・二級・木造共通)

※修了考査の回答及び結果に関するお問い合わせには一切お応えできません。

建築士定期講習 教材(テキスト)について

R5年度使用テキストを下記の条件で閲覧いただけます。
(持出しやコピーは不可)

期間:令和6年4月1(月)~令和6年4月12日(金)
時間:13:00~17:00
場所:特定非営利活動法人 住宅福祉サービス 事務局
   〒600-8492
   京都市下京区四条通新町東入月鉾町39-2 祥栄ビル2階
   (四条通沿いの階段をご利用ください)
NPO特定非営利活動法人
住宅福祉サービス

〒600-8492
京都府京都市下京区四条通新町
東入月鉾町39-2祥栄ビル2階 
9:00~17:00 
土・日・祝日 休み 
TEL:075-212-9989
FAX:075-255-2791
TOPへ戻る